借金による生活破たんの防止策と首吊りを避ける理由の詳細

借金は金額が膨れ上がると自力での返済が困難になり、生活に大きな支障をきたすことがあります。場合によっては完全に返済のめどが立たなくなり、生活が破たんしたうえで首吊りなど自殺を考えてしまうケースもあります。

しかし、借金苦による自殺はメリットが皆無に近く、問題の解決にはなりません。借金が原因の生活破たんを防ぐための対処法を学びましょう。

日本で起こる自殺案件と借金苦の関係

日本で起こる自殺案件の中でも借金による生活苦が原因のケースは性別や年齢を問わず、高い割合を占めています。返済が出来なくなる程の膨大な金額の借金を抱え、生活が立ち行かなくなった末の自殺なので首吊りなど突発的な方法が殆どです。

また、借金の中でも法外な金利を取り立てるモグリの闇金業者を利用する多重債務者ほど、安易に首吊りを決行しやすい傾向があります。借金の金額が膨れ上がると生活に余裕がなくなり、常に返済のことを考えるようになってしまいます。

収入を超える程の返済が必要になると一時しのぎのために別の業者から借金を新たに行う自転車操業の状態に陥りやすくなり、返済金と利息の合計額が非常に高額化するのも生活が破たんする理由の一つです。生活に余裕が無くなるのに加えて厳しい取り立てによる精神的な苦痛、借金が発覚することに伴う社会的な信用の失墜などが心身に大きな負担をもたらし、ネガティブな思考に結びつく結果になります。

冷静な判断力が喪失した多重債務者は苦しい現状から逃避する手軽な方法として、短時間で生命活動が停止する首吊りを行ってしまいます。

首吊り自殺が借金苦の根本的な解決にならない理由

多重債務者が首吊りを行うのは厳しい取り立てをはじめとする悲惨な現状からの逃避以外に、自身に掛けた保険金が目当てのケースがあります。生命保険は加入者が死亡することで一定の金額が支払われるので、借金の返済目的で自ら首吊りを行うのが債務者に多く見られる考え方です。

しかし現在では生命保険が支払われるためには複数の条件をクリアする必要があります。特に自殺については従来では加入後三年を超えれば自殺でも保険金が出るとされていましたが、実際は保険会社ごとに支払い条件は異なります。

また、生命保険の加入年数が長くても自殺であれば支払いの対象にならないこともあるため、単に加入年数だけを見て安易に首吊りを実行するのは良い選択ではありません。首吊り現場はイメージが悪くなるので不動産価値が下がる原因になります。

特にアパートなどの借地で自殺が起こると事故物件扱いになり、不動産物件としての価値が大きく下がってしまいます。保険金目当てに首吊りを行っても支払いが行われず、自殺現場の所有者からは資産価値が下がった責任を問われてしまい、遺族に余計な負担をかけてしまう結果になります。

そのため、首吊り行為は事態の根本的な解決にはなりません。

借金で生活が追い詰められないための金銭管理の方法

借金による生活の圧迫は自力での解消は非常に難しいのが問題です。自身の収入で返済出来る金額を超えてしまうと生活が破たんするので、借入を行う際は金額に注意することが大切です。また、返済金を得るために親族や友人相手に借金をするのは一時しのぎに過ぎず、それに加えて今後の人間関係に大きな弊害をもたらす原因にもなります。

借金による生活破たんや社会的な信用の失墜を防ぐためには日頃から金銭管理を厳しく行い、必要の無い借り入れは避けることが大切です。安易な借り入れは返済金の都合をつけるための金策に労する結果に繋がる他、複数回繰り返すことで自分が借金をしている自覚が薄れてしまうのが問題です。

特に現在の借り入れは最寄りのATMで手続きを行うシステムが主流なので、手軽な利用が可能になっています。そのため、収入金額を超える程の借り入れを抵抗無く行うことが出来てしまいます。生活の破たんを避けるためにはよほどの事情が無い限り借り入れは避け、自身の収入だけで返済出来る金額に留めるのが賢明な方法です。

借金を繰り返す人に多く見られる特徴

首吊りなどの逃避行動に陥らないための借金返済計画

借金の金額が嵩むと自分の収入では返済が出来ないと不安になるのが普通です。そのため、人によっては不安を解消する意味も兼ねて他所の業者から新たな借り入れを行って返済に充てる、自転車操業の状態に陥ってしまいます。

借り入れの件数が増えると共に借入金や返済時の利息も膨れ上がってしまい、遂にはまったく返済が出来なくなるケースも稀ではありません。高額な借金が明るみに出ると社会的な信用を失うこともあるため、多重債務者によっては自身の境遇から逃げるために首吊りを行うことがあります。

首吊りは自殺によって債務の支払い義務から逃避する行為なので、遺族など周囲の人に多大な迷惑をかけてしまうのが問題です。そのため、借金絡みのトラブルで周囲に迷惑をかけないように、堅実な返済計画を組み立てる姿勢が求められます。

借金の返済は自身の収入に見合った金額で行うのが理想です。しかし、複数の借り入れで生活が圧迫されている多重債務者には難しい方法なので、債務整理を行って暮らしの負担を減らす工夫が重要になります。債務整理の方法は複数存在することから、負債総額や生活の状況と照らし合わせて判断するのが理想的な解決方法に繋げるための心得です。

借金がある人でも金運をあげることができるのか?

借金を上手に行って首吊りを避けるための心得

借金は急にまとまった金額の現金が必要になった際に行うのが最も賢い付き合い方です。あくまで不足分を補い、最低限の金額に留めるのが生活を破たんさせないための重要な条件になります。万が一債務が増え、毎月の返済額が生活を大きく圧迫するようになった場合は弁護士など法律の専門家に相談して債務整理を検討するのが健やかな暮らしを保つための心得です。

多額の借金による生活の圧迫は心身の大きな負担を招きます。特に精神面では慢性的な困窮状態から物事をネガティブに考えがちになるのが問題です。行き詰まった生活から逃げ出すため、簡単に実行出来る首吊りで自殺を図る可能性が大きくなります。

周囲に多大な迷惑をかける首吊りは債務の軽減には全く役立ちません。逆に残された親族に大きな負担を強いてしまう結果になるので、自己破産などの債務整理を検討して債務を減らすように工夫するのが債務者が負う責務です。

また、借金の返済も生活に余裕が無くなる理由の一つなので、親族など近い位置にいる人に心身のケアサポートを求めるなど事態の改善を図ることを心がけます。